2015年06月

先日NM邸,雑誌『30代で建てる群馬の家』の撮影の立ち会いに行ってきました。

あいにくの雨模様でしたが,逆に内部は落ち着いたかんじで撮影出来たと思います。
イメージ 1


編集のSさんと奥様を交えて設計時や建設時の話など取材に同席させていただき,楽しい
ひと時と過ごさせていただきました。いつもお邪魔しますと整然と住まわれていて,家具
や置物にもセンスよく気を使われていて設計者としてはありがたいですね。
イメージ 2


編集Nさんとカメラマンの方がさくさくと撮り進めています。建物を撮りなれているので
しょうか,設計者が見ても良いアングルですね。
イメージ 3

この秋の号に掲載の予定です。楽しみですね。

mu邸の現場です。だいぶupさぼり気味ですが,地下躯体型枠バラし終わり,
いよいよ地上軸組が載ります。
イメージ 1

打ち放しの状態も良さそうですね。
イメージ 2

スリットもちゃんと埋まらずにあります。(笑)
イメージ 3

刻みは終わっていますので,あとは木造部分棟上げとなると,建物のボリュームがはっきり
現れて来ます。楽しみですね。

一年以上前にお願いしてあった,オーディオの専用電源工事をようやく行って
もらいました。引き込み柱から直に専用分電盤4回路設置してみました。オー
ディオルームなどの設計の効果を設計者としても確認しない訳にはいけません。(笑)
イメージ 1

屋内はSV14。隠蔽は構造的にムリなのであきらめました。配電盤からはCV8ですの
で人差し指くらいの太さですので結線も大変そうですね。
結果はすばらしい効果ですね。一週間ほど経過した時点で透明度が上がり,低域はより
力強く,優しい音となりました。
イメージ 3


ここからは前回の続きですが。
イメージ 2

SU氏にお借りしたトランスCST-80というトランスですが,当初はクラシック向き
かなと感じておりましたが,プレーヤーのせいなのか,JAZZもいけますね。
たしかにクラシックの弦は強弱,潤いが増して非常に良いのですが,JAZZを聴いても
,音色はきれいなまま出るとこは出るしで良いではないですか。
私の耳がおかしいのかな。(笑)てなわけで最近はレコードオンリー,アナログ地獄に
陥りつつありますなあ。

今年も下記のように第64回群馬美術家連盟展が開催されます。
見応えのある作品が多数展示されてますので,是非脚をお運び
下さい。
イメージ 1



昨日今日と受付展示に行っておりました。今年は建築も多数作品の応募
があり,展示壁面が足りないくらいでした。
イメージ 3

なんとかレイアウトも完了してきれいな展示となりましね。
イメージ 4

私も4作品のパネルと模型を出品させていただきました。
イメージ 2

毎月第4土曜日に下記のような『敷居の低い』勉強会の場を開催していきます。
毎回テーマ及び、開催場所は変わります。
各事務所の場合もありますし、現場や作業場など、その時々で変わります。
家、建物、モノづくり、その他御興味のある方どうぞ御参加下さい。

イメージ 1


第3回 家づくりを学ぶ会

日 時:2015年6月27日(土)14:00~15:30

場 所:前橋市江木町の現場にて(設計監理:建築設計室クラフトワークス)

予約制:5組程度 

参加料:500円/組

主 催:家づくりを学ぶ会

※予約者へ案内図送付または連絡(予約、問い合わせは下記事務所へ)



テーマ『キッチンを中心とした動線計画』

あなたの理想のキッチンスタイルは?

皆さんも住まいを考える際、きっとキッチン空間のあり方に悩んでいるはず。

住まいにおいてキッチンは豊かな時間を共有する重要な場所です。

暮らし方、世代の違いによって色々なキッチン空間があって良いはず。

大切なのは機能性と居心地の良さ。

今回は工事中の現場にて、参加者の皆さんと一緒にキッチンを中心とした動線計画

について考えてみたいと思います。

加盟事務所

・建築設計室クラフトワークス/TEL:027-215-7973


・一級建築士事務所アーキテク・デザイン/TEL:027-223-3985


・WOODS環境計画工房/TEL:0279-54-0365


前文

家づくりを思い立ち最初に行動するのは住宅展示場の見学でしょうか。
1カ所では分からないのでいくつか回ってみる。
いくら断片的な情報をたくさん集めても、ほんとうに必要と思う情報は得られないし、
それを組み合わせても自分たちが望むような家にはたどり着かないと思います。
具体的な形にしてしまう前に家づくりの事を学ぶ必要があるのではないかと思います。
建て主さんは少しでも理想の家がほしいと考え、一方で建築家は良い家づくりに取り組
みたいと思ってる。
この両者を結び付ける場所が存在しないことからこの場を創りました。

↑このページのトップヘ