2009年11月

いやー間が空いてしまいました。インフルエンザには気をつけましょう。

S邸の現場です。決めるのは階段の色ですがどんな色になりますか。
イメージ 1

テラスの床を仕上げています。コンクリートの洗い出しという仕上げなのですが職人さん
曰くクラック防止用の化粧目地まで入れてるので『非常にめんどくさく難しい。』とのこと。
玄関は玉砂利の洗い出し仕上げなのですが『そっちの方がやりやすい』とのこと。
イメージ 2

コンクリートを打ち半乾きのところでひょうめんのコンクリートと砂をスポンジ等でカキとって
中の砕石を表面に洗い出していく作業です。カナコテ仕上げにすればいいんでしょうがそれだけ
じゃやだな~とひと手間加えてみたくなってしまうのは設計者のサガでしょうか。
イメージ 3

建て主のSさんも『説明されて作業を見ないと大変さは理解できないですね~』とおっしゃっていました。
でもものづくりはこうゆうひと手間が大事。

先日SRのアルミフェンダーのステーが金属疲労で片側折れてしまいましたがだましだまし使っ
ていましたが遂にもう片側もクラックがはいってしまいました。

なんとかしなければとI市の現場の帰りに『バイク摩宮の伝説?』のA氏の所にお邪魔して溶接して
もらいました。相変わらずすごいマシンがいっぱいです。思わず珍しいマチレスのG45を舐め廻す
ように見てしまいました。

職人気質のA氏は『こりゃただ付けただけだとだめだな』
イメージ 2
との事であっと言う間に欠けたのを溶接した上当て板をあてて写真のようにがっちり溶接してもら
いました。

これでまた20年使えるかな。
イメージ 1

このブルックランズのクラッシックなフェンダーももう手に入らないのです。他のショップのフェン
ダーも色々有るのですがこのクラシックなデザインのはないですね。うーんだんだんとSRのパーツ
も少なくなってゆくのでしょうか。
イメージ 3

T邸も造作工事が進んできました。

外壁の板張りがされています。きれいですね。外の様な中の様な空間となります。
イメージ 1

浴室の板張りです。天井,壁ともヒバです。いい香りですね。
イメージ 2

これから外壁のモルタル下地塗りに進んでいきます。どんな色が良いでしょうかね。
楽しみですね。
現場に行くたびに変化してたのしいですね。大工さんは大変だと思いますがいつも
ながらいい仕事してもらってます。

先日のプチツーリングの続きですが、道の駅タケヤマの隣ちかと神社とゆう立派な
神社がありましたのでその境内のなかへはいってみました。
イメージ 1

なにか空気感がちがいますね。
イメージ 2

その中で気になる建物3方が解放出来る造りですが何でしょうか。お神楽を見るため
のものでしょうか。異次元への入り口だったりして。
この手間のかかった造りはすごいですね。
イメージ 3

S邸も仕上げ段階にはいってきました。

内壁の漆喰塗りがはじまりました。コテの動きを見るだけで楽しいです。
建て主さんもほぼ毎週定例会議に参加して家づくりを楽しんでいる様子。
仕上げ段階になり現実感が増した様子。
イメージ 1

浴室のタイルを張っています。ガラスモザイクでとても品のよい感じに仕上がります。
浴室と洗面が同仕上げで一体空間となります。
イメージ 2

個室関係はペンキ仕上げとなりますのでその下地処理をしてます。さてどんな色にしま
しょうか。階段の色も建て主のs夫妻共々悩みます。一番楽しい時期ではないでしょうか。
イメージ 3

↑このページのトップヘ